PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ゴールデンウィークからの読書
ダン・ブラウン
・天使と悪魔(上・中・下)

東野圭吾
・仮面山荘殺人事件
・ある閉ざされた雪の山荘で
・名探偵の掟
・悪意
・さまよう刀

薬丸岳
・天使のナイフ
・虚無

日明恩(たちもりめぐみ)
・それでも、警官は微笑う(わらう)
・鎮火報 Fire's Out
・そして、警官は奔る(はしる)


色々と感想はあるんだけど、たくさんありすぎて書けない(笑)

最近の一押しは、日明恩(たちもりめぐみ)さんの作品。
それそれ警察官、消防士が主人公の話なんだけど、登場人物それぞれのキャラクターがいいんだよね。言動や行動など手に取るようにわかるっていうか、、、実際の人物のように想像ができる。
でも話の内容は結構奥深く、全部が全部ノンフィクションではないけれど、それでも考えさせられる内容だった。

薬丸岳氏の「天使のナイフ」と、東野圭吾氏の「さまよう刀」は、どちらも子供が未成年者に殺害されるという話。
一昔前に比べれば、罪を犯した未成年者への刑は厳しくなったかもしれないけど、それでもまだ、罰を与えるというより、いかに更生させるかということばかりだと思う。
被害者は、その家族はどうしたらいいのか・・特に親にとっては無念以外の何ものでもないと思う。
「さまよう刀」は、この秋に映画が公開される。(主演:寺尾聰)
観に行かなくては。

薬丸岳氏の「虚無」も同じような内容。
幼い子供を殺害した犯人は、精神鑑定の結果、罪にとえないということになってしまう話。
実際の事件でも、よく精神鑑定云々、、という話を良く耳にする。
罪にとえないって・・では被害者の家族は怒りの矛先をどこに向ければいいんだろうか。
加害者側ばかりかばい、被害者側は置き去りになっているように感じる。


今日から、山崎豊子さんの「不毛地帯」を読み始める。
いつか読もうと思っていたものの、10月からドラマが始まってしまうので、慌てて購入してきた。
それまでに読み終わるかなあ。
いや、文庫本で5冊あるから、無理かもな・・
posted by: okashisuki | reading | 19:55 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:55 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://okashisuki.jugem.cc/trackback/1295
トラックバック
2009/09/28 3:01 PM
日本航空発足以来の鐔の鯊綏弍朕 就任年月社長(前職)会長(前職) 1951年8月柳田誠二郎(日銀副総裁)藤山愛一郎(日商)会頭 1953年10月〃原邦造(旧三井財閥幹部) 1961年1月松尾静麿(航空庁長官)
山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法