PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ゴールデンウィークからの読書
ダン・ブラウン
・天使と悪魔(上・中・下)

東野圭吾
・仮面山荘殺人事件
・ある閉ざされた雪の山荘で
・名探偵の掟
・悪意
・さまよう刀

薬丸岳
・天使のナイフ
・虚無

日明恩(たちもりめぐみ)
・それでも、警官は微笑う(わらう)
・鎮火報 Fire's Out
・そして、警官は奔る(はしる)


色々と感想はあるんだけど、たくさんありすぎて書けない(笑)

最近の一押しは、日明恩(たちもりめぐみ)さんの作品。
それそれ警察官、消防士が主人公の話なんだけど、登場人物それぞれのキャラクターがいいんだよね。言動や行動など手に取るようにわかるっていうか、、、実際の人物のように想像ができる。
でも話の内容は結構奥深く、全部が全部ノンフィクションではないけれど、それでも考えさせられる内容だった。

薬丸岳氏の「天使のナイフ」と、東野圭吾氏の「さまよう刀」は、どちらも子供が未成年者に殺害されるという話。
一昔前に比べれば、罪を犯した未成年者への刑は厳しくなったかもしれないけど、それでもまだ、罰を与えるというより、いかに更生させるかということばかりだと思う。
被害者は、その家族はどうしたらいいのか・・特に親にとっては無念以外の何ものでもないと思う。
「さまよう刀」は、この秋に映画が公開される。(主演:寺尾聰)
観に行かなくては。

薬丸岳氏の「虚無」も同じような内容。
幼い子供を殺害した犯人は、精神鑑定の結果、罪にとえないということになってしまう話。
実際の事件でも、よく精神鑑定云々、、という話を良く耳にする。
罪にとえないって・・では被害者の家族は怒りの矛先をどこに向ければいいんだろうか。
加害者側ばかりかばい、被害者側は置き去りになっているように感じる。


今日から、山崎豊子さんの「不毛地帯」を読み始める。
いつか読もうと思っていたものの、10月からドラマが始まってしまうので、慌てて購入してきた。
それまでに読み終わるかなあ。
いや、文庫本で5冊あるから、無理かもな・・
posted by: okashisuki | reading | 19:55 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:55 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://okashisuki.jugem.cc/trackback/1295
トラックバック
2009/09/28 3:01 PM
日本航空発足以来の鐔の鯊綏弍朕 就任年月社長(前職)会長(前職) 1951年8月柳田誠二郎(日銀副総裁)藤山愛一郎(日商)会頭 1953年10月〃原邦造(旧三井財閥幹部) 1961年1月松尾静麿(航空庁長官)
山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法